トップページ[発行物のご案内] 生活科学研究誌>Summary2003年度

[生活科学研究科] 生活科学研究誌

戻る
■Summary


<2003年度 生活科学研究誌>
 
発酵脱脂米糠抽出物の免疫賦活作用 有村 勉、杉下 朋子、岡田 忠司、湯浅(小島)明子
緑茶抽出物におけるヒト肝ガン細胞の増殖抑制効果に およぼすROS産生の役割 久保田 芳美、湯浅(小島)明子、湯浅 勲
コレステロール投与と加齢に伴う血清および脳コレステロール濃度変動に及ぼすタウリンの影響 細田 明美、嶋家 一樹、望月 英樹、横越 英彦、金 東浩、佐伯茂
〈研究資料〉阪神・淡路大震災後における学校給食の 復旧過程と給食内容 山口 光枝、康 薔薇、山本 由喜子
大阪府における郊外一戸建住宅地の現状
−都市計画基礎調査による分析−
青木 留美子、多治見 左近
近畿地方における三世代世帯の地域傾向とその要因 清水 孝浩、上田 博之、富樫 穎、鈴木 哲夫
地域生活における子どもの居場所
−大阪市都心部の小学校3校区の調査から−
西川 知子、小伊藤 亜希子、上野 勝代、奥野 修、片方 信也、室崎 生子
紀州湯浅の町並みと町家について 千森 督子、中嶋 節子、谷 直樹
案内図の位置・方向が空間イメージの形成過程に及ぼす影響 渕上 美喜、岡田 明、山下、久仁子
経路探索における注視地点からみた環境分析 今村 顕、森 一彦、宮野 道雄
応力特異性パラメータを用いたセメントモルタル仕上げの接着強度評価 渡部 嗣道、井上 亮輔、宮野 道雄、藤田 忍、土井 正、馬場 明生
〈研究資料〉ホームヘルパーから見た在宅要介護高齢者の居住実態
−福井市福祉公社を対象として−
碓田 智子
〈研究資料〉災害弱者対策とユニバーサルデザインに対する自治体の取組み 吉川 寛子、宮野 道雄
〈研究資料〉福祉先進国における高齢者に対する住宅改修
−デンマーク、スウェーデン、ドイツ、オランダの現況−
上田 博之
〈研究資料〉「住宅困窮」実態の把握方法とその支援方法をめぐる課題 檜谷 美恵子、多治見 左近、小伊藤 亜希子
学校変革の思考モデルに関する教育学的研究
−不登校問題の解法を手がかりにして−
中井 孝章
ハイリスク新生児をとりまく臨床心理的課題
−母性を育む臨床心理的援助−
長濱 輝代、松島 恭子
異文化体験と自己イメージの形成
−帰国子女の「適応」過程の検討−
羽下 飛鳥、松島 恭子
青年期後期における「孤独感」 と「 摂食態度」 との関連 後藤 佳代子
精神科ソーシャルワーカーのアセスメント過程における精神保健福祉実践活動:その構造と関連要因 栄 セツコ、岡田 進一
大都市在宅高齢者の情緒的ソーシャルサポート選好度の関連要因:日韓比較研究 、岡田 進一、白澤 政和
在宅高齢者の社会参加活動意向の充足状況と基本属性等との関連 岡本 秀明、岡田 進一、白澤 政和
大都市独居高齢者の全体的生活満足度における性差的特徴
−日常生活満足度との関連から−
林 暁淵、岡田 進一、白澤 政和
要援護高齢者のニーズ
−要援護高齢者自身が感じるニーズに焦点をあてた実証的研究の提案−
福井 貞亮
〈研究資料〉国際化時代の年金制度改革:中国の年金制度を中心に 林 春姫、楊 開宇、唐 音之、所 道彦、坂口 正之



back number