トップページ[生活科学研究科] 研究科紹介総合福祉・心理臨床科学講座>臨床心理学コース

[生活科学研究科] 研究科紹介

総合福祉・心理臨床科学講座

戻る
■臨床心理学コース
 本コースは、基礎心理学及び発達心理学、臨床心理学、「臨床心理室」学内実習、家族臨床学、教育臨床学において見出された知見をもとに、人間の「こころの成り立ちとその働きと機能」に関する研究者の育成と、「こころの病理と心理療法」について専門的な知識を有し、診断と臨床実践に携わる専門家の育成を目標として設置された。加えて、専門家の再教育コースとしての役割も担う。
 本コースでは、時代のニーズを応えるとともに、基礎研究と臨床の広い視野と高度な専門性、即戦力の技術を身につけた専門家養成をめざしてカリキュラムを構成している。なお、本コースでは上記の社会的要請に応えるべく、(財)日本臨床心理士資格認定協会の大学院第1種指定校として、臨床心理士養成の役割を創設期(平成10年4月)から果たし、臨床心理士養成機関としての社会的役割を担っている。本コースに入学し、必要な単位を修得のうえ修了した者は、臨床心理士受験資格を取得できる。後期博士課程ではさらに研究を深め、臨床心理学の研究者を養成している。

(2015.07.06更新)


臨床心理学コースのシラバスはこちら ※PDFでご覧いただけます。


back number