トップページ[生活科学研究科] 研究科紹介総合福祉・心理臨床科学講座>総合福祉科学コース

[生活科学研究科] 研究科紹介

総合福祉・心理臨床科学講座

戻る
■総合福祉科学コース
 本コースでは、人間が社会生活を営む上で発生する様々な生活問題、生活保障の社会的課題などに対して、学際的なアプローチにより教育・研究を行う。複雑化した生活問題の究明と対応は、特定領域の科学、理論のみでは可能とならず、学際的な取り組みが必要とされている。そこで本コースでは、学際領域で発生する諸問題について体系的な理解を深め、発生メカニズムや原因の解明から問題解決に向けて必要とされる技術、方法、方策の開発までをトータルに研究する。とりわけ、少子社会、高齢社会、格差社会における福祉問題という相互に関連した課題を中心に設定し、実践面およびシステム面から総合的に教育研究を行うとともに、諸問題に対応できる専門的人材の育成を行うことで、社会からの要請に応える。

(2013.04.01更新)


総合福祉科学コースのシラバスはこちら ※PDFでご覧いただけます。


back number