トップページ[生活科学部] 学部・学科紹介>食品栄養科学科

[生活科学部] 学部・学科紹介

食品栄養科学科

食事は、健康な生活を送るために大きな意味をもっています。そのような「食」を科学的に、生理学的に研究。バイオサイエンスを通じて健康な食生活のために貢献します。

■健全な食環境って何?
街はさまざまな食品であふれ、食べたいものはいつでも何でも手に入る今、一見豊かに見える日本の食環境ですが、それを取り巻く現状には多くの問題があります。たとえば、飽食文化を支えるために海外の食糧生産を変えてしまうアグリビジネス、農薬などによる食品の環境汚染など…。このような時代に、食品学・栄養学に関したバイオサイエンスを教育・研究する本学科の果たす役割はますます大きくなっています。

■学科の紹介
 本学科は、大学院の食・健康科学講座における研究成果を学部教育に反映させることに留意しています。すなわち、単なる資格取得のための教育ではなく、健康で真に豊かな食生活の創造をめざして、人々の食と栄養に関わる複合領域を学際的に教育し、優れた科学的思考力と実践力を併せ持つ人材を養成しようとするものです。すなわち、官公庁における公衆衛生・公衆栄養施策の立案実践の場から、学校や病院における栄養教育や臨床現場での個人・集団に対する栄養教育、さらには企業における新たな食材・食品や食生活スタイルの開発や食の安全確保まで、幅広いニーズに対応できる基礎的能力を培います。

■特徴
 さまざまな角度から食品と栄養を研究し、いずれの分野も実験・実習を主体にした、実践的な学習が特長です。
 たとえば、食品の粘性や弾性の測定、残留食品添加物の分析など行ったり、食物の成分と肥満その他の病気との関係を遺伝子や細胞を用いる実験や動物実験で調べたりします。応用研究の分野では小学校や病院あるいは保健所に出向いての実習や卒業論文の研究をします。
 食物の不思議さ、人体のメカニズムの奥深さなど、「食」に興味をもつ方には、知るほどに面白さが増してくるでしょう。

■資格の取得について
 本学科は管理栄養士養成施設として指定されており、所定の単位を修得すると、卒業と同時に栄養士免許および管理栄養士の国家試験受験資格が得られます。また、中学校および高等学校の家庭科教諭免許,小中学校の栄養教諭免許を取得できます。さらに本学科は、食品衛生監視員の養成施設に指定されており、将来、食品衛生監視員となる道も開かれています。

■本学科の卒業後の進路
 大学院進学のほか、食品、栄養の専門家として
1)大学、短大、研究所等における教育・研究
2)官公庁、保健所、病院、学校等における栄養に関わる調査や管理指導および教育(管理栄養士・栄養士または栄養教諭として)
3)食品、化学、製薬関係の研究所および会社における研究、開発
4)食品検査機関での分析、試験
5)中・高校の家庭科教諭

(2013.04.01更新)


back number