トップページ教員紹介>松下 大輔

教員紹介

松下 大輔
松下 大輔(教授)
Daisuke Matsushita

学位/Degree :
  博士(工学)
Ph.D.
最終学歴/Final academic background :
  京都大学大学院工学研究科
Kyoto University Graduate School of Engineering
専門分野/Field of specialization :
  建築計画学, 居住空間設計学
Architectural Planning, Living Environmental Design
資格/Qualification :
  一級建築士
First-class registered architect
ホームページ/Home page :
  http://aplab.xsrv.jp/semi

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
2017.3.18 「JACIC第14回 研究助成事業成果報告会のアンケート結果―興味を持った研究テーマ、今後,発展性が期待される研究テーマ(BEST5)」
2017.3.18 生活科学シンポジウム「超高齢社会における住宅政策の課題と展望」が開催されました
2017.3.1 本学に着任しました
2017.2.23 平成28年度 東日本大震災による避難世帯を対象とする生活実態調査報告説明会を開催しました
2016.12.8 建築学会の情報シンポジウムでゼミ生が発表しました
2016.11.25 建築学会の小委員会シンポジウム「センシングとAIによる感性予測デザイン」を企画・開催しました
2016.11.15 JACIC研究助成事業成果報告会で研究発表しました
2016.11.2 岡山建築士会のワンデイエクササイズでゼミのチームが内藤廣さんから最優秀賞をいただきました
2015.12.10 第38回情報・システム・利用・技術シンポジウムのオーガナイズドセッション「建築・人間の時間変化データのセンシング」にて発表しました
2015.10.31 ゼミ生が岡山建築設計クラブのワンデーエクササイズで優秀賞をいただきました
2014.12.12 第37回情報・システム・利用・技術シンポジウムのオーガナイズドセッション「建築・人間のモニタリング」にて発表しました
2014.12.1 岡山県民主医療機関連合会会誌「Medical Times」に研究成果が掲載されました
2014.11.8 ゼミ生がワンデーエクササイズで奨励賞をいただきました
2014.9.13 ゼミ生2名 建築学会にて発表しました(プログラム#5300,5301)
2014.4.8 岡山県内避難者生活実態について日本建築学会学術講演会(近畿)に投稿しました
2014.3.8 平成25 年度 岡山県内避難世帯を対象とする生活実態調査報告会を開催しました
2014.3.7 岡山県内避難者の生活実態調査結果・報告会について新聞等に掲載されました
2014.2.30 ゼミ生が 岡山県建築士事務所協会卒業設計コンクール優秀賞を受賞しました
2013.2.23 岡山まちの夢学生アイデアコンテスト入選 公開プレゼンを行いました
2012.9.10 第17回岡山リサーチパークインキュベーションセンター研究・展示発表会で産学官連携推進賞を受賞しました
2012.2.10 八幡浜港地域交流拠点施設トイレ棟デザイン設計競技最終審査に選出されました
2010.10.30 ゼミ生が『新・木造の家』設計コンペで瓦屋根優秀賞を受賞しました (大学トピックス)
2010.10.16 牛窓古民家改修について新聞掲載
2009.11.27 『光のインスタレーション・コンペ2009』入選 作品を制作・展示しました (概要)[HP]

Message

Information
■研究テーマ/Research theme
1.行動科学に基づく建築計画の研究

2.知識技術を用いた設計方法の研究

3.地域での研究・活動
  • 岡山県内避難者の研究
  • 赤磐市山陽団地再生の研究
  • 牛窓における空き家活用意向調査によるストック活用の研究

  • ■プロジェクト/Project
    ■担当科目/Subjects in charge
    学部
  • インテリア計画学(2年生前期)
  • CAD/CGデザイン演習(2年生前期集中)
  • 設計製図II(2年生後期)
    大学院
  • 居住空間設計特論II(前期集中)
  • 居住空間設計特論演習(前期集中)
  • ■最近の主な著書/Recent Books
  • Notes on Hospital Building 02, pp.23-26, 工学院大学・医療福祉建築協会, 2016年
  • Notes on Hospital Building 01, pp.31-32, 工学院大学・医療福祉建築協会, 2015年
  • 知的創造のためのワークプレイス計画ガイドライン, 丸善出版株式会社, 2013年
  • 知的創造とワークプレイス, pp.90-113, 武田ランダムハウスジャパン, 2010年
  • 都市・建築の感性デザイン工学第13章, pp.86-92,日本建築学会編, 2008年
  • ■最近の主な論文/Recent publications
  • 松下大輔,東日本大震災による岡山県内母子避難世帯の生活実態,日本建築学会技術報告集 第23巻 第53号, pp. 319-324, 2016.10
  • 上谷ひとみ, 山田あすか, 佐藤栄治, 松下大輔, 熊川寿郎,看護師の看護動線量と看護負担感の関係についての分析 ―S病院3診療科を対象とする事例報告―,日本建築学会技術報告集 第21巻 第47号, pp. 237-242, 2015.2
  • 松下 大輔, 小田原 良子, 磯川 悦子, 山下 てつろう, 熊川 寿郎,超音波測位による看護動線計測手法の開発 -昭和大学病院急性期病棟における調査報告-,日本建築学会技術報告集 第19巻 第43号, pp.1079-1084, 2013.10
  • Daisuke Matsushita, Toshiro Kumakawa, Ikue Ichikawa, Ryouko Odawara, Etsuko Isokawa, Tetsuro Yamashita, Management of medical staff utilizing sensing technology: Development of a nursing activities measurement method with ultrasound positioning,保健医療科学, 第62巻, 第1号, pp.68-80, 2013.2
  • Hitomi Kamiya, Asuka Yamada, Eiji Satoh, Daisuke Matsushita and Toshiro Kumakawa, A Study Analysis of the Sense of Burden and Amounts of Trips of Nursing Staff in Providing Nursing Care, The 45th APACPH Conference 2013, Wuhan, China, Oct. 24-28 2013
  • Daisuke Matsushita、Toshiro Kumakawa、Tetsuro Yamashita、Ikue Ichikawa、Etsuko Isokawa、Odawara Ryouko, Analysis of Nursing Activities in Acute Care Ward by Ultrasound Positioning Technology, The 44th APACPH Conference 2012, Colombo, Sri Lanka, Oct. 14-17 2012
  • 松下大輔, 宗本順三, 立岡優介, 仲隆介, 張マ楠,自己組織化マップによる業務行為パターンの抽出,日本建築学会計画系論文集 第78巻 第684号, pp.345-353, 2013.2
  • Xinnan Zhang, Junzo Munemoto, Tetsu Yoshida, Daisuke Matsushita and Takashi Izato, Comparison of Workers' Stay and Movement in Territorial and Non-territorial Workplaces: An Analysis Using a UWB Sensor Network, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol. 10 (2011), No. 2 pp.335-342, 2011
  • 張マ楠, 宗本順三, 吉田哲, 松下大輔, 高井啓明, 平野克彦,A study on workers’ patterns of space use and verbal communication in workplaces with and without partition walls, An investigation using a UWB sensor network,日本建築学会計画系論文集 第76巻 第669号, 2011.11
  • 松下大輔,宗本順三,立岡優介,仲 隆介,ワークプレイスにおける業務行為とワーカー属性の関係 生活時間調査法によるワークスタイルの分析,日本建築学会計画系論文集 第76巻 第668号, 2011.10
  • 松下大輔,永田未奈美,宗本順三,中村朋世,GPS軌跡による児童の放課後の自宅を基点とした行動圏域分析,日本建築学会計画系論文集 第75巻 第658号, 2010.12
  • QU Xiaoyu, ZHANG Xinnan, Matsushita Daisuke, YOSHIDA Tetsu, Elderly Chinese Couples' Primary Room Use in Urban Apartments, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol. 9 (2010) , No. 2 pp.363-370, 2010.11
  • 屈 小羽 , 松下 大輔 , 吉田 哲,An analysis of the room use of elderly Chinese couples living in urban apartments through active RFID technology,日本建築学会計画系論文集 75(654), pp.1825-1833, 2010.8
  • 屈小羽, 松下大輔,アクティブRFIDタグを用いた住宅における部屋滞在行動観測手法,日本建築学会計画系論文集, 第75巻 第650号, pp.797-804, 2010.4
  • QU Xiaoyu, MATSUSHITA Daisuke, MUNEMOTO Junzo, Probabilistic Analysis of Room Use of Elderly Living Alone in Detached House based on Observation by using Active RFID, Journal of Habitat Engineering, vol.1 No.1 pp.153-162, 2009.12
  • Xinnan ZHANG, Xiaoyu QU, Junzo MUNEMOTO, Daisuke MATSUSHITA, Takashi IZATO, Comparison of Territorial and Non-territorial Workspace Usage at an Architecture Design Office, Journal of Habitat Engineering, Vol. 1, 2009, No. 1, pp.173-184, 2009.12
  • QU Xiaoyu, ZHANG Xinnan, IZATO Takashi, MunemotoJunzo, Matsushita Daisuke, Behavior Concerning Choosing Workstations in Non-territorial Offices, Journal of Asian Architecture and Building Engineering、vol.9 No.1 May. 2010, pp.95-102
  • Sugihara Shohei, Matsushita Daisuke, MunemotoJunzo, Observations on Primary School Children's Behavior after School by Using the Global Positioning System, Journal of Asian Architecture and Building Engineering、vol.9 No.1 May.2010, pp.171-176
  • QU Xiaoyu, MATSUSHITA Daisuke, MUNEMOTO Junzo, Probabilistic Model of Room-using Behavior of Elderly Living Alone in Detached House Using Active Radio Frequency Identification System,第25回ファジィシステムシンポジウム、日本知能情報ファジィ学会(SOFT), 1C3-04, 2009.07
  • Zhang Xinnan, MUNEMOTO Junzo, MATSUSHITA Daisuke, Kohei YUKAWA, Knowledge Working Behavior in Workplace Monitored by UWB Sensor Network System,第25回ファジィシステムシンポジウム、日本知能情報ファジィ学会(SOFT), 1C3-03, 2009.7
  • 朴 鎭 衙,赤堀彰彦,宗本順三,松下大輔,VRを用いた感性評価に基づくファサード形態要素の組合せ推論の研究, −産寧坂伝統的建造物群保存地区の町並みを対象として−, ,日本建築学会計画系論文集 NO.636 P.363, 2009.
  • 黄 蔚 欣,松下大輔,宗本順三,Designer’s evaluation process in simulated design process for interior works using interactive genetic algorithm, ,日本建築学会計画系論文集 NO.629 P.1457-1462, 2008.
  • 黄 蔚 欣,松下大輔,宗本順三,Evaluation of an interactive evolutionary computation method for design of interior work by residents of Beijing, ,日本建築学会計画系論文集 NO.624 P.295-302, 2008.
  • Atsushi Saito, Junzo Munemoto, Daisuke Matsushita, Acquiring Configuration Rules of Form Elements from Historic Architectural Facade Employing Inductive Logic Programming, New Frontiers in Artificial Intelligence, Lecture Notes in Artificial Intelligence (LNAI), Springer, pp.190-200, Fukuoka, Japan, 14th, 2006
  • 齋藤篤史, 宗本順三, 松下大輔,オントロジーを用いた伝統的ファサードの概念の表現方法の研究 −産寧坂伝統的建造物群保存地区を事例として−,,日本建築学会総合論文誌, Vol.121, No.1543, pp.101-105, 2006
  • Weixin Huang, Daisuke Matsushita, Junzo Munemoto, Interactive Evolutionary Computation (IEC) Method of Interior Work (IW) Design for Use by Non-design-professional Chinese Residents, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, vol.5(2006) No. 1, pp.91-98, 2006
  • Peng Tang, Junzo Munemoto, Daisuke Matsushita, Invoking Household Cooperation in the Commons Dilemma of CO2 Emission Reduction, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.5(2006) No. 1, pp.99-104, 2006
  • 楯列哲也,松下大輔,宗本順三,携帯電話歩行者ナビゲーションシステムによる経路探索行動の不安度の変化,日本建築学会計画系論文集, No.608, pp.59-64, 2006
  • 松下寶楓,宗本順三,松下大輔,Multi-ethnic Neighbour Network in Mixed-Use Building in Wanchai, Hong Kong,日本建築学会計画系論文集, NO.607, pp.1-7, 2006
  • Jieli Sui, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Bi-Objective Optimization of Investment Value and CO2 Emission on Photovoltaic Integrated Roof Shape,日本建築学会計画系論文集, 第605号, pp.63-70 , 2006
  • 齋藤篤史、宗本順三、松下大輔,感性評価に基づく形態要素のラフ集合を用いた組合せ推論の研究 −産寧坂伝統的建造物群保存地区のファサードを対象として−,日本建築学会計画系論文集, 第592号, pp.85-91, 2005
  • Han Mengzhen, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, A Study on Preference of View from Dwelling Units in MRHC with Composition Division of CG Images,日本建築学会計画系論文集, 第588号, pp.1-8, 2005
  • Tang Peng, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Housing Arrangement in Pursuit of Maximum GFA Under CO2 Emission Constraint, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.4(2005), No.2, pp.355-360, 2005
  • Jieli Sui, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Study of the Roof Shape of a Wooden Detached House for Minimization of LCCO2 Emission by Genetic Algorithm, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.4(2005), No.2, pp.399-405, 2005
  • Han Mengzhen, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Emergence of a Parallel Layout Arising from User’s Pursuits of Better Living Conditions of Their Dwelling Units in MRHC with MAS, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.3(2004), No.1, pp.149-156, 2004
  • Han Mengzhen, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Optimizing Parallel Layout of MRHC to Improve Quality of Views from Dwelling Units with Genetic Algorithm, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.3(2004), No.2 pp.341-347, 2004
  • 松下大輔, 宗本順三,,CG画像の感性評価による対話型進化計算を用いたファサードガラス特性の探索法の研究,日本建築学会計画系論文集, 第584号, pp.187-192, 2004
  • 齋藤篤史, 松下大輔, 宗本順三,,帰納論理プログラミングを用いたファサード立面の形態要素の構成規則の獲得方法の研究 ―産寧坂伝統的建造物群保存地区の現状変更事例を対象として―,日本建築学会計画系論文集, 第583号, pp.187-193, 2004
  • 松下大輔, 宗本順三,帰納推論を用いた事例の学習による評価尺度の記述と代替案の絞り込み―住宅耐力壁の配置検討において―,日本建築学会計画系論文集, 第576号, pp.31-36, 2004
  • 松下大輔, 宗本順三,,述語論理の概念を用いた教師図形の形態構成規則の記述,日本建築学会計画系論文集, 第568号, pp.41-46, 2003
  • Han Mengzhen, Munemoto Junzo, Matsushita Daisuke, Relation between People’s Evaluations on Living Conditions and Plan Locations of Dwelling Units in MFRHC with Parallel Layout in Beijing, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, Vol.2(2003), No.2, pp.95-102, 2003
  • 松下大輔, 宗本順三,,対話型進化計算による形態構成規則の獲得モデル,日本建築学会計画系論文集, 第560号, pp.135-142, 2002
  • 松下大輔, 宗本順三, 岩田伸一郎,,ホテルの客室部分構成比と各事業主体のNPV最大化の二目的問題,日本建築学会計画系論文集, 第539号, No.6, pp.139-145, 2001

  • ■学会活動/Membership in Academic Societies
  • 2017年〜 日本建築学会情報システム技術委員会 感性センシングデザイン研究小委員会 主査
  • 2015年〜 日本建築学会情報システム技術委員会 感性予測デザイン研究小委員会 幹事
  • 2014年〜 医療福祉建築協会
  • 2012年〜 日本建築学会 医療施設小委員会
  • ■社会貢献/Social contributions
  • 2015年〜 深业鲘门湾展馆(概念, 方案, 施工図設計)
  • 2012年〜 東日本大震災による岡山県内避難者の生活実態調査
  • 2011年〜 牛窓シーサイドホール
  • 2010年〜 瀬戸内市牛窓町 しおまち唐琴通り保存と活性化プロジェクト
  • ■受賞/Awards
  • 2015年 日本建築学会奨励賞 自己組織化マップによる業務行為パターンの抽出, 生活時間調査法によるワークスタイルの分析 その2
  • 2012年 第17回 岡山リサーチパークインキュベーションセンター研究・展示発表会 産学官連携推進賞
  • 2007年 日本感性工学会賞 大会優秀発表賞
  • 2000年 第11回 日本建築学会優秀修士論文賞「フィージビリティスタディにおけるホテル事業の関係主体の採算性とヴォリュームモデルの関係の研究」
  • 1999年 第1回日本街路灯デザインコンペティション「21世紀のストリートアメニティ」, 日本街路灯製造株式会社, 最優秀賞
  • 1998年 第5回 空間デザインコンペティション「ガラス質を生かした建築」, 日本電気硝子株式会社, 佳作
  • 1998年 国際デザインコンペティションAARC Italicoamerican International Competition, "An International Congress Center for the Jubilee Rome Year 2000", 3rd Prize
  • 1998年 京都大学工学部建築学科卒業設計,"Resonance",日本建築学会全国大学・高専卒業設計展出品
  • 1997年 International Design Competition "Solar Energy in Architecture 1997 Kyongju High Speed Railway Station", Citation

  • ■資格/Qualification
  • 一級建築士




  • back number