トップページ教員紹介>永村 一雄

教員紹介

永村 一雄
永村 一雄(教授)
EMURA Kazuo

学位/Degree :
  工学博士
最終学歴/Final academic background :
  東京理科大学理工学部建築学科卒業
専門分野/Field of specialization :
  居住環境工学
資格/Qualification :
 
ホームページ/Home page :
  http://www.life.osaka-cu.ac.jp/~emura/

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
(現在、お知らせはありません)

Message
住いの熱環境が研究テーマです。
建物と熱のかかわりは、地球温暖化やヒートアイランド現象とも大きく関連します。
建物の熱性能の評価、省エネを目指した設備システムの熱環境、
さらには人体の熱環境まで、
地球にやさしい居住環境を構築していくことに関心を持っています。

Information
■研究テーマ/Research theme
熱環境評価のための気象データの整備と気象要素の統計的特性
地域のエネルギー消費構造
建物の熱性能評価
省エネ設備システムの熱環境評価と人体温熱系構造
■担当科目/Subjects in charge
居住環境工学A、居住環境工学B
生活情報学、生活統計学演習
生活と環境問題(全学共通教育)
居住環境工学特論、居住設備学特論、
居住統計学特論
前期特別研究、後期特別研究
■最近の主な著書/Recent Books
(分担)
『生活と住い』コロナ社
『人と環境』コロナ社
『拡張アメダス気象データ』丸善
『都市・建築空間の科学−環境心理生理からのアプローチ』技報堂出版
『Expandend AMeDAS Weather Data』丸善
『拡張アメダス気象データ 1981-2000』日本建築学会

(共著)
『住宅の環境設計データブック』丸善
■最近の主な論文/Recent publications
・「現場における住宅の保温性能試験方法の研究」,共著,『日本建築学会計画系論文報告集』,354,'85
・「現場測定にもとづく壁体熱特性の推定」,共著,『日本建築学会計画系論文報告集』,369,'86
・"Approximation of the Thermal Characteristics function of Multlayer Walls Using System Reduction Techniques",単,Transactions of SHASE,38,'88
・"Regional Difference of Energy Consumption for Hot Water Supply System",共,Proceedings of Building Simulation'99(Sixth Int. IBPSA Conf.,pp.737-744,'99
・「床暖房の接触温度と安全性の評価耐熱防音フローリング仕様の集合住宅の事例」,共著,日本生理人類学会,3,1,pp.7-11,'98
・"A Proposal of Optimal Floor Surface Temperature Based on Survey of Literatures Related to Floor Heating Environment in Japan",共著,Applied Human Science(Journal of Physiological Anthropology),17,2,pp.61-66,'98
・"Regional Difference of Energy Consumpsion for Hot Water Supply System",共著,Proc. Int. Building Performance Simulation Assosiation, Vol.2, pp.737-744,'99
・"Development of Expanded AMeDAS Weather Data for Building Energy Calculation in Japan",共著, ASHRAE Trans., Vol.106, Pert 2, pp.455-465, 2000
・「環境に配慮して設計された住宅の熱環境性能とエネルギー消費量」,共著,日本建築学会技術報告集, No.14, pp.161-164,2001
・「集合住宅における冷房の使用状況に関する研究」,共著,空気調和・衛生工学会論文集, No.77, pp.41-50, 2002
・「集合住宅における暖房の使用状況に関する研究」,共著,空気調和・衛生工学会論文集, No.89, pp.45-55,2003
■学会活動/Membership in Academic Societies
2005年現在
日本建築学会(熱環境運営委、熱性能WG、熱環境シミュレーション小委、設計気象データ小委)
空気調和・衛生工学会
日本生気象学会(評議員)
日本生理人類学会(評議員)
システム制御情報学会
日本行動計量学会
計測自動制御学会
■社会貢献/Social contributions
大阪市住宅局参事兼務(2003-2004)
■受賞/Awards
写真をクリックすると
拡大します

かつては、若かった...



back number