トップページ教員紹介>小島 明子

教員紹介

小島 明子
小島 明子(准教授)
Akiko Kojima

学位/Degree :
  博士(学術)
最終学歴/Final academic background :
  大阪市立大学大学院生活科学研究科食品栄養科学専攻後期博士課程
専門分野/Field of specialization :
  病態栄養学、栄養病理学、栄養機能科学
資格/Qualification :
  管理栄養士
ホームページ/Home page :
  http://kojima-yuasa-lab.sakura.ne.jp/

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
(現在、お知らせはありません)

Message
 食品成分の未知なる力とは−それは、病態改善や疾病予防という私達が健康長寿をめざすために最も重要であり、必要不可欠なもの。
 食品中に含まれる物質は、生体内で分解され、栄養素として生体構成成分の素材を補給するという役割と生命現象を営むうえに必要なエネルギーを供給するという役割を持っています。しかし、食品中にはこれらの役割以外に私たちの健康の維持に重要な役割を果たす不思議な成分が含まれています。
 「食と健康」は切っても切り離せないものです。一方では、過食による肥満、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病発症の原因ともなってしまいます。しかしながら、食品成分がもつ本来の機能を活かして私達の健康を維持することができます。
 このような生体機能調節因子の構造やその作用メカニズムを明らかにすることは、私たちの健康を増進させるために非常に重要なことです。
 では、一体どのようにして? そういう疑問を解明していくことが、私達にかせられた使命です。
  私達の研究室では、生活習慣病のなかで特にガン、肝疾患、肥満に着目して、食品成分による病態改善や疾病予防効果とそのメカニズムについて研究しています。
(詳しくは栄養機能科学研究室ホームページを御覧下さい)。

Information
■研究テーマ/Research theme
 1. 抗ガン作用および異物代謝機能を亢進させる食品成分の探索と
  その作用メカニズムについて
    ・アポトーシス細胞死の誘導
    ・細胞増殖の抑制
    ・腫瘍血管新生の抑制
   
 2. 炎症性肝疾患の発症機序の解明と予防効果を有する食品成分の探索と
  その作用メカニズムについて
   ーIn vitro および In vivo 実験系を用いてー
    ・アルコール性肝疾患モデル
    ・非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)モデル
    ・薬剤性肝炎モデル
    ・肝硬変モデル

 3. 肥満を抑制する食品成分の探索とその作用メカニズムについて
    ・抗肥満効果を有する食品成分の作用メカニズムの解明
        ーIn vitro および In vivo 実験系を用いてー

 4.皮膚のアンチエイジング効果および創傷治癒促進作用を有する
  食品成分の探索とその作用メカニズムについて
    ・新規コラーゲン産生能向上剤としての応用  
■担当科目/Subjects in charge
<大学院>栄養病理学特論、発達臨床栄養学特論、
     発達臨床栄養学特論演習
<学部>臨床栄養学I、臨床栄養学II、応用栄養学、学校栄養教育論、
    食品栄養科学概論、臨床栄養学実習、栄養科学実験
■最近の主な著書/Recent Books
1) 『3.循環器、pp13-26および11. 生殖器、pp137-145』
  現代栄養科学シリーズ15 解剖生理学、朝倉書店
2) 『11. プラークの進展・破綻と安定化、pp121-132』
  動脈硬化の臨床、医薬ジャーナル社
3) 『プラーク破裂、pp176-177』
  KEY WORD 高脂血症・動脈硬化−1998-2000−、先端医学社
4) 『キマーゼ、pp53-56』
  心血管になにが起こったか−PTCA、グラフト、ステントの病理−、
  三輪書店
5)『動脈硬化を予防するには、pp24-25』
  生活科学最前線 90のトピック、中央法規出版
6) 『ナフトキノンによって誘導される肝細胞傷害の抑制効果、
pp224-230』
  茶の機能 生体機能の新たな可能性、学会出版センター
7) 『Effect of green tea extract and tea polyphenols against antibiotic-,
anticancer drug- and immunosuppressant agent-induced nephrotoxicity:
a focus on cyclosporine A and tacrolims』
 Tea in the Prevention of Health Disease (Elsevier)、 in press

■最近の主な論文/Recent publications
「最近5年間」

1) Ecklonia cava polyphenol protects the liver against ethanol-induced injury in rats.
M. Takahashi, N. Satake, H. Yamashita, A. Tamura, M. Sasaki, I. Matsui-Yuasa,
M. Tabuchi, Y. Akahoshi, M. Terada and A. Kojima-Yuasa.
Biochimica et Biophysica Acta-General Subjects 1820:978-988 (2012).

2) Inhibitory effect of Ecklonia cava extract on high glucose-induced
hepatic stellate cell activation.
K. Yokogawa, I. Matsui-Yuasa, A. Tamura, M. Terada and A. Kojima-Yuasa.
Marin Drugs 9: 2793-2808 (2011).

3) 1’-acetoxychavicol acetate enhances the phase II enzyme activities via
the increase in intranuclear Nrf2 level and cytosolic p21 level.
K. Yaku, A. Kojima-Yuasa, H. Azuma and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 39: 789-802 (2011).

4) Biological activity of water-soluble inclusion complexes of
1’-acetoxychavicol acetates with cyclodextrins.
H. Azuma, Y. Aizawa, N. Higashitani, T. Tsumori, A. Kojima-Yuasa,
I. Matsui-Yuasa and T. Nagasaki.
Bioorganic & Medicinal Chemistry 19: 3855-3863 (2011).

5) Zinc deficiency enhances sensitivity to carbon tetrachloride-induced
hepatotoxicity in rats.
A. Kojima-Yuasa, K. Kamatani, M. Tabuchi, Y. Akahoshi, D. O. Kennedy
and I. Matsui-Yuasa.
Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, 25, 103-108 (2011).

6) Comparison of glutathione reductase activity and intracellular glutathione
reducing effects of 13 derivatives of 1'-acetoxychavicol acetate
in Ehrlich ascites tumor cells.
S. Xu, A. Kojima-Yuasa, H. Azuma, D. O. Kennedy, Y. Konishi and I. Matsui-Yuasa.
Chemico-Biological Interactions 185: 235-240 (2010).

7) 免疫抑制剤(タクロリムス水和物;FK506)によって誘導される腎細胞傷害に対する
緑茶抽出物の保護効果とそのメカニズム.
湯浅(小島)明子、久村文恵、湯浅 勲.
日本臨床栄養学会雑誌 31: 128-135 (2010).

8) コラーゲン産生能向上剤のスクリーニング方法の開発と新規化粧品への応用.
湯浅(小島)明子、湯浅 勲.
FRAGRANCE JOURNAL 4: 103-107 (2009).

9) 1'- Acetoxychavicol acetate-induced cytotoxicity is accompanied
by a rapid and drastic modulation of glutathione metabolism.
M. Higashida, S. Xu, A. Kojima-Yuasa, D. O. Kennedy, A. Murakami,
H. Ohigashi and I. Matsui-Yuasa.
Amino Acids 36: 107-113 (2009).

10) Combination of Zizphus jujuba and green tea extracts exerts excellent cytotoxic activity
in HepG2 cells via reducting the expression of APRIL.
X. Huang, A. Kojima-Yuasa, S. Xu, D. O. Kennedy, T. Hasuma, and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 37: 169-179 (2009).

11) Anti-obesity effect of Blumea balsamifera extract in 3T3-L1 preadipocytes and adipocytes.
H. Kubota, A. Kojima-Yuasa, R. Morii, X. Huang, T. Norikura, S-N. Rho and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 37: 843-854 (2009).

12) Effect of Zizphus jujuba extract on the inhibition of adipogenesis in 3T3-L1 preadipocytes.
H. Kubota, R. Morii, A. Kojima-Yuasa, X. Huang, Y. Yano and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 37: 597-608 (2009).

13) (1'S)-Acetoxychavicol acetate and its enantiomer inhibit tumor cells proliferation
via different mechanisms.
S. Xu, A. Kojima-Yuasa, H. Azuma, T. Norikura, D. O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa.
Chemico-Biological Interactions 172: 216-223 (2008).

14) Anticancer activities and mechanisms of Blumea balsamifera extract in Hepatocellular carcinoma cells.
T. Norikura, A. Kojima-Yuasa, M. Simizu, X. Huang, S. Xu, S. Kametani, S-N. Rho,
D. O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 36: 411-424 (2008).

15) Synergistic effect of green tea polyphenols on their protective against FK506-induced cytotoxicity
in renal cells.
F. Hisamura, A. Kojima-Yuasa, X. Huang, D. O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 36: 615-624 (2008).

16) Green tea extract enhances the selective cytotoxic activity of Zaizyphus jujuba extracts in HepG2 cells.
X. Huang, A. Kojima-Yuasa, S. Xu, T. Norikura, D. O. Kennedy, T. Hasuma and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 36: 729-744 (2008).

17) ビタミンKのアルコール性肝硬変に対する抗線維化療法の可能性
–肝星細胞の活性化抑制効果について–.
湯浅(小島)明子、鈴浦千絵、湯浅 勲.
日本病態栄養学会誌 11: 53-60 (2008).

18) Oligopyridine ligans derived from amino acid precursors.: Their Zn2+ complexation and effects on
hepatic stellate cell functions.
H. Tsukube, Y. Noda, Y. Kataoka, H. Miyake, S. Shinoda, A. Kojima-Yuasa, Y. Nishida and I Matsui-Yuasa.
Dalton Transactions 4038-4043 (2008).

19) Protective effect of gamma-aminobutyric acid (GABA) against cytotoxicy of ethanol in
isolated rat hepatocytes involves modulations in cellular polyamine levels.
T. Norikura, A. Kojima-Yuasa, D. O. Kennedy and I. Matsui-Yuasa.
Amino Acids 32: 419-423 (2007).

20) Cellular thiol status-dependent inhibition of tumor cell growth via modulation of p27kip1 translocation and
retinoblastoma protein phosphorylation by 1’-acetoxychavicol acetate.
Y. Unahara, A. Kojima-Yuasa, M. Higashida, D. O. Kennedy, A. Murakami, H. Ohigashi and I. Matsui-Yuasa.
Amino Acids 33: 469-476 (2007).

21) Chemical constitutents of cape aloe and their synergistic growth-inhibiting effect on Ehrlich ascites
tumor cells.
S. Kametani, A. Kojima-Yuasa, H. Kikuzaki, D. O. Kennedy, M. Honzawa and I. Matsui-Yuasa.
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 71: 1220-1229 (2007).

22) Mechanism of the anti-cancer activity of zaizyphus jujuba in HepG2 cells. X. Huang, A. Kojima-Yuasa,
T. Norikura, D. O. Kennedy, T. Hasuma and I. Matsui-Yuasa.
The American Journal of Chinese Medicine 35: 517-532 (2007).

23) Mechanism of growth inhibitory effect of cape aloe extract in Ehrlich ascites tumor cells.
S. Kametani, T. Oikawa, A. Kojima-Yuasa, D. O. Kennedy, T. Norikura, M. Honzawa and I. Matsui-Yuasa.
Journal of nutritional science and vitaminology 53: 540-546 (2007)

24) 亜鉛摂取と糖尿病について. 尾立純子、佐伯孝子、安永好美、宮崎かおり、池淵元祥、
湯浅(小島)明子、湯浅 勳.
日本家政学会誌 58: 179-185 (2007).

25) 身体障害者における推定エネルギー必要量について.
萩原大介、尾立純子、佐伯孝子、羽生大紀、湯浅(小島)明子、湯浅 勳.
生活科学研究誌 6: 31-35 (2007).

26) Effect of quantity and intake interval of zinc supplement on serum indices and
zinc content in various organs in male Syrian hamsters.
J. Odachi, T. Saiki, M. Kamei, K. Funasaka, A. Kojima-Yuasa and I. Matsui-Yuasa.
生活科学研究誌 6: 37-44 (2007).
■学会活動/Membership in Academic Societies
日本栄養・食糧学会評議員
日本生化学会会員
日本臨床栄養学会会員
日本病態栄養会会員
日本臨床栄養協会評議員
日本家政学会会員
日本栄養改善学会会員
日本肝臓学会会員
アメリカ栄養科学会会員 (American Society for Nutritional Sciences)
アメリカガン学会会員 (American Association for Cancer Research)
ヨーロッパ肝臓学会会員 (European Association for the Study of the Liver)

■社会貢献/Social contributions
日本栄養士会会員(現在に至る)
大阪府栄養士会会員(現在に至る)
大阪市中央卸売市場本部・東部市場運営協議会委員(現在に至る)
大阪市中央卸売市場南港市場運営協議会委員(現在に至る)
大阪府改良普及員資格試験委員(平成13年7月〜平成18年)

■受賞/Awards
国際栄養学会議 ポスター発表賞
O-CHAパイオニア学術研究奨励賞 
日本臨床栄養学会 優秀論文賞




back number