トップページ教員紹介>由田 克士

教員紹介

由田 克士
由田 克士(教授)
Katsushi  Yoshita

学位/Degree :
  博士(医学) 博士(栄養学) 
最終学歴/Final academic background :
  東京農業大学 農学部 栄養学科
専門分野/Field of specialization :
  公衆栄養学 栄養疫学
資格/Qualification :
  管理栄養士 健康運動指導士
ホームページ/Home page :
 

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
(現在、お知らせはありません)

Message
 2010(平成22)年4月に着任しました。これまでに私は金沢医科大学病院に10年間勤務した後、ノートルダム清心女子大学人間生活学部の教員を経て、前任の国立健康・栄養研究所で、国民健康・栄養調査、日本人の食事摂取基準、特定健診・保健指導など厚生労働省の施策に関連した取り組みに関わってきました。また、研究面では、栄養と血圧に関する国際共同研究(INTERMAP study)、生活習慣病予防のための長期介入研究(HIPOP-OHP study)、国が実施した循環器疾患基礎調査ならびにその後継調査における対象者の長期追跡研究であるNIPPON DATA(National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease And its Trends in the Aged)研究などの大規模な疫学研究にも参画しています。
 また、身近な地域や職域における栄養・食生活の改善とそれらをとおしての効果的な健康増進や生活習慣病等の疾病予防対策の構築についても研究テーマとしています。
 このため、地域や職域に出向き栄養調査を実施したり、健康・栄養教育を行うなどのフィールドワークを特に重視しています。また、得られたデータは、栄養疫学的な手法を用いて、客観的且つ科学的に解析し、次のステップへ繋げられるように努力しています。このようなことから、都道府県、市町村、保健所などに勤務する行政栄養士、職域に勤務する産業栄養士、関連する研究機関や他大学との積極的な連携を視野に入れています。
 2016(平成28)年度は、大学院後期博士課程5名(何れも社会人)、大学院前期博士課程(修士課程)4名(うち2名社会人)、学部4回生3名がこちらの研究室(公衆栄養学研究室)に在籍しています。
 人間を対象とした、より実践的な栄養学を追求して行きたいと考えています。この分野に興味を持つ学生や院生をお待ちしています。

Information
■研究テーマ/Research theme
生活習慣病の予防に関する栄養疫学
日本人の食事摂取基準の活用
食事調査法
保育所に通う幼児の栄養素等摂取状況
出生時体重やその後の発達に関与する要因の検討
産業保健・産業栄養
■担当科目/Subjects in charge
【大学院】
公衆栄養学特論
栄養疫学特論
発達公衆栄養学特論T
発達公衆栄養学特論U
公衆栄養学特論演習
【大学】
公衆栄養学T
公衆栄養学U
公衆栄養学実習T
公衆栄養学実習U
■最近の主な著書/Recent Books
よくわかる高血圧と循環器病の予防と管理−高血圧・循環器病予防療養指導士認定試験ガイドブック−:日本高血圧学会、日本循環器病予防学会 監修・高血圧・循環器病予防療養指導士認定委員会 編、pp.66-73 (第3章保健指導のポイント @減量指導のポイント)、社会保険研究所、2016

現代の食生活と消費行動:斎藤 修 監修・ 茂野隆一、武見ゆかり 編、pp.227-242(栄養疫学的視点からの健康状態・食事内容の変遷)、農林統計出版、2016

食事摂取基準による栄養管理・給食管理−PDCAサイクルの実践−:由田克士、石田裕美 編著、pp. 7-10(PDCAサイクルによる栄養管理・給食管理の必要性)他、建帛社、2015

カレント公衆栄養学:由田克士、押野榮司 編著、pp. 15-45(健康・栄養問題の現状と課題)、建帛社、2014

公衆衛生学:中川秀昭、城戸照彦、由田克士 編著、pp. 85-108・pp. 117-123(生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策)、光生館、2014

公衆栄養学(改訂第4版):田中平三、徳留信寛、伊達ちぐさ 編著、pp. 172-173(食事摂取量の測定方法 秤量法)、pp. 178-180(24時間思い出し法)、南江堂、2013

栄養教育論(改訂第3版):丸山千寿子、足達淑子、武見ゆかり 編著、pp. 235-248(ライフステージ・ライフスタイル,健康状態と栄養教育)、南江堂、2013

いのちを守る都市づくり[アクション編]みんなで備える広域複合災害:大阪市立大学都市防災研究グループ 編、pp. 72-73(災害時に備える食料)、大阪公立大学共同出版会、2013

いのちを守る都市づくり[課題編]東日本大震災から見えてきたもの:大阪市立大学都市防災研究グループ 編、pp. 127-136(栄養・食生活分野における危機管理と対応)、大阪公立大学共同出版会、2012

食事摂取基準 理論と活用:特定非営利活動法人 日本栄養改善学会 監修、鈴木 公、木戸康博 編、pp. 17-24(食事調査法の基本技術と食事・健康状態の把握)、医歯薬出版、2012 

PDCAサイクルと食事摂取基準による栄養管理・給食管理:由田克士、石田裕美 編著、pp. 7-11(PDCAサイクルによる栄養管理・給食管理の必要性)他、建帛社、2011

公衆栄養学:今木雅英 編著、pp. 124-128(国民健康・栄養調査)、南山堂、2011
■最近の主な論文/Recent publications
2010年以降(英文)
Nguyen HN, Miyagawa N, Miura K, Okuda N, Yoshita K, Arai Y, Nakagawa H, Sakata K, Ojima T, Kadota A, Takashima N, Fujiyoshi A, Ohkubo T, Abbott RD, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. Dietary tofu intake and long-term risk of death from stroke in a general population. Clin Nutr. 2016 Dec 3. pii: S0261-5614(16)31337-1. doi: 10.1016/j.clnu.2016.11.021. [Epub ahead of print]

Okayama A, Okuda N, Miura K, Okamura T, Hayakawa T, Akasaka H, Ohnishi H, Saitoh S, Arai Y, Kiyohara Y, Takashima N, Yoshita K, Fujiyoshi A, Zaid M, Ohkubo T, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. Dietary sodium-to-potassium ratio as a risk factor for stroke, cardiovascular disease and all-cause mortality in Japan: the NIPPON DATA80 cohort study. BMJ Open. 2016 13;6 : e011632. doi: 10.1136/bmjopen-2016-011632.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Nakashima M, Nogawa K, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H.Dietary carbohydrate intake, presence of obesity and the incident risk of type 2 diabetes in Japanese men. J Diabetes Investig. 2016 :343-351.

Koyama T, Yoshita K, Sakurai M, Miura K, Naruse Y, Okuda N, Okayama A, Stamler J, Ueshima H, Nakagawa H. Relationship of Consumption of Meals Including Grain, Fish and Meat, and Vegetable Dishes to the Prevention of Nutrient Deficiency: The INTERMAP Toyama Study. J Nutr Sci Vitaminol. 2016;62:101-107.

Nakahata NT, Takada AN, Imaeda N, Goto C, Kuwabara KH, Niimura H, Arai Y, Yoshita K, Takezaki T ; Validity of a food frequency questionnaire in a population with high alcohol consumption in Japan. Asia Pac J Clin Nutr. 2016;25: 195-201.

Okuda N, Okayama A, Miura K, Yoshita K, Saito S, Nakagawa H, Sakata K, Miyagawa N, Chan Q, Elliott P, Ueshima H, Stamler J ; Food sources of dietary sodium in the Japanese adult population: the international study of macro-/micronutrients and blood pressure (INTERMAP). Eur J Nutr. 2016 Feb 22. [Epub ahead of print]

Yoshita K. Selection of Dietary Assessment Method in Accordance with an Objective and Evaluation of the Results. J Nutr Sci Vitaminol. 2015; 61: S31-S32.

Nagai M, Ohkubo T, Miura K, Fujiyoshi A, Okuda N, Hayakawa T, Yoshita K, Arai Y, Nakagawa H, Nakamura K, Miyagawa N, Takashima N, Kadota A, Murakami Y, Nakamura Y, Abbott RD, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. Association of Total Energy Intake with 29-Year Mortality in the Japanese: NIPPON DATA80.
J Atheroscler Thromb. 2015 Oct 13. [Epub ahead of print]

Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Miura K, Kita Y, Miyagawa N, Yoshita K, Nakagawa H, Sakata K, Saitoh S, Okamura T, Okayama A, Choudhry SR, Rodriguez B, Masaki KH, Chan Q, Elliott P, Stamler J. Relationship of three different types of low-carbohydrate diet to cardiometabolic risk factors in a Japanese population: the INTERMAP/INTERLIPID Study. Eur J Nutr. 2015 Jun 29. [Epub ahead of print]

Okuda N, Stamler J, Brown IJ, Ueshima H, Miura K, Okayama A, Saitoh S, Nakagawa H, Sakata K, Yoshita K, Zhao L, Elliott P; INTERMAP Research Group.Individual efforts to reduce salt intake in China, Japan, UK, USA: what did people achieve? The INTERMAP Population Study.J Hypertens. 2014; 32: 2385-2392.

Yoneyama S, Sakurai M, Nakamura K, Morikawa Y, Miura K, Nakashima M, Yoshita K, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Nogawa K, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H. Associations between rice, noodle, and bread intake and sleep quality in Japanese men and women. PLoS One. 2014 Aug 15;9(8):e105198.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Sasaki S, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Nakagawa H. Family history of diabetes, lifestyle factors, and the 7-year incident risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men and women. J Diabetes Investig. 2013 May 6;4(3):261-8.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Yoshita K, Takamura T, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Nakashima M, Nogawa K, Suwazono Y, Nakagawa H. Association between a serum thyroid-stimulating hormone concentration within the normal range and indices of obesity in Japanese men and women. Intern Med. 2014;53(7):669-74.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H. Sugar-sweetened beverage and diet soda consumption and the 7-year risk for type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men. Eur J Nutr. 2014 Jun;53(4):1137-8.

Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA80 Research Group. High long-chain n-3 fatty acid intake attenuates the effect of high resting heart rate on cardiovascular mortality risk: A 24-year follow-up of Japanese general population. J Cardiol. 2014 Feb 11.

Miyagawa N, Miura K, Okuda N, Kadowaki T, Takashima N, Nagasawa SY, Nakamura Y, Matsumura Y, Hozawa A, Fujiyoshi A, Hisamatsu T, Yoshita K, Sekikawa A, Ohkubo T, Abbott RD, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. Long-chain n-3 polyunsaturated fatty acids intake and cardiovascular disease mortality risk in japanese: a 24-year follow-up of NIPPON DATA80. Atherosclerosis. 2014 Feb;232(2):384-9.

Ando K, Kawarazaki H, Miura K, Matsuura H, Watanabe Y, Yoshita K, Kawamura M, Kusaka M, Kai H, Tsuchihashi T, Kawano Y. [Scientific statement] Report of the Salt Reduction Committee of the Japanese Society of Hypertension(1) Role of salt in hypertension and cardiovascular diseases. Hypertens Res. 2013 Dec;36(12):1009-19.

Miura K, Ando K, Tsuchihashi T, Yoshita K, Watanabe Y, Kawarazaki H, Matsuura H, Kusaka M, Kai H, Kawamura M, Kawano Y. [Scientific statement] Report of the Salt Reduction Committee of the Japanese Society of Hypertension(2) Goal and strategies of dietary salt reduction in the management of hypertension. Hypertens Res. 2013 Dec;36(12):1020-5.

Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Matsumura Y, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. Interaction between dietary marine-derived n-3 fatty acids intake and J-point elevation on the risk of cardiac death: a 24-year follow-up of Japanese men. Heart. 2013 Jul;99(14):1024-9.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H. Sugar-sweetened beverage and diet soda consumption and the 7-year risk for type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men. Eur J Nutr. 2014 Feb;53(1):251-8.

Nozue M, Jun K, Ishihara Y, Taketa Y, Naruse A, Nagai N, Yoshita K, Ishida H. How does fortification affect the distribution of calcium and vitamin B1 intake at the school lunch for fifth-grade children? J Nutr Sci Vitaminol. 2013;59(1):22-8.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Nagasawa SY, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Sasaki S, Nakagawa H. Self-reported speed of eating and 7-year risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men. Metabolism. 2012 Nov;61(11):1566-71.

Katano S, Nakamura Y, Okuda N, Murakami Y, Chiba N, Yoshita K, Tanaka T, Tamaki J, Takebayashi T, Okayama A, Miura K, Okamura T, Ueshima H; HIPOP-OHP Research Group. Relationship between Dietary and Other Lifestyle Habits and Cardiometabolic Risk Factors in Men. Diabetol Metab Syndr. 2011 Nov 14;3:30.

Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Yoshita K, Morikawa Y, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Kaneko S, Sasaki S, Nakagawa H. Dietary glycemic index and risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese men. Metabolism. 2012 Jan;61(1):47-55.

Nakamura K, Sakurai M, Miura K, Morikawa Y, Yoshita K, Ishizaki M, Kido T, Naruse Y, Suwazono Y, Nakagawa H. Alcohol intake and the risk of hyperuricaemia: a 6-year prospective study in Japanese men. Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2012 Nov;22(11):989-96.

Nozue M, Yoshita K, Jun K, Ishihara Y, Taketa Y, Naruse A, Nagai N, Ishida H. Amounts served and consumed of school lunch differed by gender in Japanese elementary schools. Nutr Res Pract. 2010 Oct;4(5):400-4.

Nakashima M, Sakurai M, Nakamura K, Miura K, Yoshita K, Morikawa Y, Ishizaki M, Murakami K, Kido T, Naruse Y, Sasaki S, Nakagawa H. Dietary glycemic index, glycemic load and blood lipid levels in middle-aged Japanese men and women. J Atheroscler Thromb. 2010 Oct 27;17(10):1082-95.

Hirokawa W, Nakamura K, Sakurai M, Morikawa Y, Miura K, Ishizaki M, Yoshita K, Kido T, Naruse Y, Nakagawa H. Mild metabolic abnormalities, abdominal obesity and the risk of cardiovascular diseases in middle-aged Japanese men. J Atheroscler Thromb. 2010 Sep 30;17(9):934-43.

Nakamura K, Sakurai M, Miura K, Morikawa Y, Ishizaki M, Yoshita K, Kido T, Naruse Y, Nakagawa H. Homeostasis model assessment of insulin resistance and the risk of cardiovascular events in middle-aged non-diabetic Japanese men. Diabetologia. 2010 Sep;53(9):1894-902.

Anderson CA, Appel LJ, Okuda N, Brown IJ, Chan Q, Zhao L, Ueshima H, Kesteloot H, Miura K, Curb JD, Yoshita K, Elliott P, Yamamoto ME, Stamler J. Dietary sources of sodium in China, Japan, the United Kingdom, and the United States, women and men aged 40 to 59 years: the INTERMAP study. J Am Diet Assoc. 2010 May;110(5):736-45.

Kondo I, Funahashi K, Nakamura M, Ojima T, Yoshita K, Nakamura Y; NIPPON DATA 80/90 Research Group. Association between food group intake and serum total cholesterol in the Japanese population: NIPPON DATA 80/90. J Epidemiol. 2010;20 Suppl 3:S576-81.

Nakamura Y, Okuda N, Turin TC, Fujiyoshi A, Okamura T, Hayakawa T, Yoshita K, Miura K, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. Fatty acids intakes and serum lipid profiles: NIPPON DATA90 and the national nutrition monitoring. J Epidemiol. 2010;20 Suppl 3:S544-8.

Miura K, Okuda N, Turin TC, Takashima N, Nakagawa H, Nakamura K, Yoshita K, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. Dietary salt intake and blood pressure in a representative Japanese population: baseline analyses of NIPPON DATA80. J Epidemiol. 2010;20 Suppl 3:S524-30.

Yoshita K, Arai Y, Nozue M, Komatsu K, Ohnishi H, Saitoh S, Miura K; NIPPON DATA80/90 Research Group. Total energy intake and intake of three major nutrients by body mass index in Japan: NIPPON DATA80 and NIPPON DATA90. J Epidemiol. 2010;20 Suppl 3:S515-23.

Okuda N, Miura K, Yoshita K, Matsumura Y, Okayama A, Nakamura Y, Okamura T, Saitoh S, Sakata K, Ojima T, Turin TC, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. Integration of data from NIPPON DATA80/90 and National Nutrition Survey in Japan: for cohort studies of representative Japanese on nutrition. J Epidemiol. 2010;20 Suppl 3:S506-14.

Hozawa A, Okamura T, Tanaka T, Miura K, Kikuchi Y, Kadowaki T, Yoshita K, Takebayashi T, Tamaki J, Minai J, Tada T, Chiba N, Okayama A, Ueshima H. Relation of Gamma-glutamyltransferase and alcohol drinking with incident diabetes: the HIPOP-OHP study. J Atheroscler Thromb. 2010 Feb 26;17(2):195-202.


2010年以降(和文)
岩橋 明子, 由田 克士, 福村 智恵:トラック運転手を対象とした健康教室がメタボリックシンドローム関連指標の改善に及ぼす効果についての試行的検討、労働科学 92 17-25 (2016)

小山達也,由田克士,荒井裕介:自立高齢者における摂取食品数と栄養素摂取量および食品群別摂取量との関連、日本栄養士会雑誌 59 676-685 (2016)

三澤朱実,福村智恵,由田克士,田畑正司:バス運転業務従事者における主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の摂取状況と健康状態との関連性、北陸公衆衛生学雑誌 42 17-26(2015)

由田克士:小学校を起点とした地域における災害時のための食料備蓄推進に関する試行的な取り組み、都市防災研究論文集 2 23-28(2015)

福村智恵, 由田克士, 田畑正司:男性交代制勤務者における身体状況と生活時間および食事摂取状況の関連性、産業衛生学雑誌 57 286-296 (2015)

三澤朱実, 山本妙子, 由田克士:従業員食堂における食事バランスガイド認知度別食態度の検討、日本栄養士会雑誌 58 813-822(2015)

佐々木ルリ子,由田克士,石田裕美 : 食事摂取基準の指標を用いた保育所幼児の栄養素等摂取量の評価と食事状況、日本給食経営管理学会誌 9 45-56(2015)

三澤朱実, 由田克士, 福村智恵, 田中太一郎, 玉置淳子, 武林 亨, 日下幸則, 中川秀昭, 大和 浩, 岡山 明, 三浦克之, 岡村智教, 上島弘嗣, HIPOP-OHP Research Group :従業員食堂における長期間の食環境介入が野菜類の摂取量に及ぼす効果、産業衛生学雑誌 57 97-107 (2015)

小山達也,由田克士,荒井裕介,中村幸志,櫻井 優,西条旨子,長澤晋哉,森河裕子,田畑正司,中川秀昭:自立高齢者における栄養素等摂取状況からみた適正たんぱく質摂取量の検討、北陸公衆衛生学会誌 41 15-21 (2015)

由田克士:健康の保持増進につながる望ましい食のあり方−日本の食の現状を踏まえて−、健康管理 62 3-24 (2015)

岩橋(川口)明子,小山達也,由田克士:血圧コントロールに関連する食生活改善施策の検討−平成23年奈良県民健康・栄養調査結果の分析から−、生活科学研究誌 13 55-54(2014)

辻本洋子,奥田豊子,小山達也,由田克士:大阪府内小学生の朝食摂取頻度と食行動・生活習慣との関連、生活科学研究誌 13 41-64(2014)

小山達也,由田克士,荒井裕介,中村幸志,櫻井 優,西条旨子,長澤晋哉,森河裕子,田畑正司,中川秀昭:自立高齢者における,主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の回数と栄養素等摂取量の関係、日本栄養・食糧学会誌 67 299-305 (2014)

由田克士:勤労世代の生活習慣病の予防に関する栄養疫学研究、栄養学雑誌 72 221-232 (2014)

三澤朱実,片岡克子,山本妙子,由田克士:従業員食堂で食事バランスガイドを活用した食事および関連情報を3年間提供した場合の行動変容に関する検討、日本栄養士会雑誌 57 597-607 (2014)

由田 克士, 荒井 裕介, 弘津 公子, 佐々木 ルリ子:管理栄養士・栄養士における日本人の食事摂取基準(2010年版)の理解と栄養アセスメント・モニタリングの実施状況に関する検討、日本栄養士会雑誌 57 522-532 (2014)

北出 宏予, 亀田 明美, 土屋 久美, 柵木 嘉和, 由田 克士:身長・体重のアセスメントによる学校給食エネルギー目標量の算定方法に関する検討、日本栄養士会雑誌 57 433-442 (2014)

鈴木 一恵, 高橋 瞳, 小島 美世, 山崎 理, 村山 伸子, 由田 克士:新潟県における減塩対策「にいがた減塩ルネサンス運動」、日本循環器病予防学会誌 49 36-45(2014)

吉村 英一, 高田 和子, 長谷川 祐子, 村上 晴香, 野末 みほ, 猿倉 薫子, 中出 麻紀子, 窪田 哲也, 三好 美紀, 坪田 恵[宇津木], 井上 真理子, 由田 克士, 奥田 奈賀子, 宮地 元彦, 笠岡 宜代[坪山], 西 信雄, 横山 由香里, 八重樫 由美, 坂田 清美, 小林 誠一郎, 徳留 信寛:釜石市の仮設住宅に居住している東日本大震災被災者の食物摂取状況、岩手公衆衛生学会誌 25 7-14(2014)

小山 達也, 山本 静香, 由田 克士, 荒井 裕介, 櫻井 勝, 中村 幸志, 西条 旨子, 中西 由美子, 長澤 晋哉, 森河 裕子, 田畑 正司, 中川 秀昭:いわゆる健常高齢者のカルシウム摂取量とそれに関連する食事要因、北陸公衆衛生学会誌40 6-13(2013)

由田 克士:わが国における食塩摂取量の現状と推移、カレントテラピー31 1005-1010(2013)

由田 克士:血圧低下のための適正飲酒指導のポイント、血圧19 998-1002(2012)

由田克士:都道府県と市区町村との連携による調査の実施とデータ活用、保健医療科学 61 424-429 (2012)

野末 みほ, 猿倉 薫子, 由田 克士:青果物に対する大きさの主観的な認識について、日本栄養士会雑誌 55 200-205 (2012)

辻 ひろみ, 名倉 秀子, 由田 克士, 石田 裕美:給食経営管理論分野における教育の現状と課題、栄養学雑誌70 253-261(2012)

西 信雄, 中出 麻紀子, 猿倉 薫子, 野末 みほ, 坪田 恵, 三好 美紀, 卓 興鋼, 由田 克士, 吉池 信男:国民健康・栄養調査の協力率とその関連要因、厚生の指標59 10-15(2012)

由田 克士:日本人の食事摂取基準(2010年版)と循環器疾患、循環器内科70 615-620(2011)

野末 みほ, Jun Kyungyul, 石原 洋子, 武田 安子, 永井 成美, 由田 克士, 石田 裕美:小学5年生の学校給食のある日とない日の食事摂取量と食事区分別の比較、栄養学雑誌68 298-308(2010)

土田 直美, 磯部 澄枝, 渡邉 修子, 石上 和男, 由田 克士, 吉池 信男, 村山 伸子:新潟県中越大震災が食物入手状況および摂取頻度に及ぼした影響-仮設住宅と一般被災住宅世帯の比較- 、日本栄養士会雑誌 53 340-348 (2010)
■学会活動/Membership in Academic Societies
日本循環器病予防学会 理事
日本栄養改善学会 理事
日本栄養改善学会 近畿支部長 
日本公衆衛生学会 評議員
日本病態栄養学会 評議員
日本マグネシウム学会 評議員
栄養学雑誌 編集副委員長
日本栄養・食糧学会 会員
日本疫学会 会員
日本産業衛生学会 会員
日本産業衛生学会 産業栄養研究会 代表世話人
日本衛生学会 会員
日本肥満学会 会員
日本人間ドック学会 会員
日本総合健診医学会 会員
日本静脈経腸栄養学会 会員
日本給食経営管理学会 会員
北陸公衆衛生学会 会員
日本栄養士会 会員
■社会貢献/Social contributions
尼崎市 食育推進懇話会会長(2015-)
文部科学省 児童生徒の学校給食摂取基準策定に関する調査協力者会議構成員(2009-2010)
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」活用検討会構成員(2009-2010)
社団法人日本栄養士会 平成21年度保健指導・食育活動拠点整備事業「企画運営部会」委員(2009-2010)
厚生労働省 平成19年国民健康・栄養調査企画解析検討会構成員(2008)
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」策定検討会 ワーキンググループ構成員(2008-2009)
厚生労働省 平成20年国民健康・栄養調査企画解析検討会構成員(2008-2010)
第15回国際栄養士会議組織委員会 プログラム委員会委員(2005-2008)
■受賞/Awards
日本栄養改善学会学会賞(2013)
第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞 (2009)
日本栄養改善学会奨励賞 (1999)
日本マグネシウム研究会奨励賞 (1996)
石川県病院協会研究奨励賞 (1989)




back number