トップページ教員紹介>鵜浦 直子

教員紹介

鵜浦 直子
鵜浦 直子(講師)
Naoko Unoura

学位/Degree :
  博士(学術)
最終学歴/Final academic background :
  大阪市立大学大学院生活科学研究科前期博士課程
専門分野/Field of specialization :
  社会福祉学/ソーシャルワーク
資格/Qualification :
  社会福祉士
ホームページ/Home page :
 

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
(現在、お知らせはありません)




Message
 自分ひとりではうまく思いを伝えることができなかったり、思いを持っていてもそれを具体的に実現させていくことができない人たちへのソーシャルワークに関心を持っています。一歩でもその人たちの思いに近づく、その思いをくみ取った援助とはどのようにすればいいのかということを、成年後見制度を活用した権利擁護活動をとおして研究しています。

Information
■研究テーマ/Research theme
○ソーシャルワークにおける権利擁護
■担当科目/Subjects in charge
[学部]
○ソーシャルワーク論T
○社会福祉権利擁護論
○福祉計画論
○共生社会演習
○ソーシャルワーク実習
○ソーシャルワーク演習
○ソーシャルワーク実習指導

[大学院]
○ソーシャルワーク特論T・U
■最近の主な著書/Recent Books
1.「アメリカにおける地域福祉の展開」,「民生委員・児童委員ほか各種行政委嘱型の相談員」,「各種専門職」鵜浦直子,上野谷加代子・松端克文・山縣文治編,『よくわかる地域福祉第2版』,ミネルヴァ書房,pp.72-73,pp.146-147,pp.148-149,2006.
2.短評「『ソーシャルワークの』定義、倫理、教育・養成に関する世界基準」鵜浦直子『ソーシャルワーク研究』Vol.35,No.3,相川書房,pp.103,2009.
3.「第5章 高齢者をとりまく諸課題 4.高齢者虐待」,「第5章 高齢者をとりまく諸課題 5.高齢者が安心して生活できる環境づくり」,「第5章 高齢者をとりまく諸課題 6.高齢者の権利擁護」,鵜浦直子,岡田進一・橋本正明編,『高齢者に対する支援と介護保険制度』,ミネルヴァ書房,pp.174-180,pp.181-184,pp.184-191,2010.
4.「第5章第1節 個人の権利を守る制度」,鵜浦直子,石川久展・所道彦編,『社会の理解』,ミネルヴァ書房,pp.156-166,2010.
■最近の主な論文/Recent publications
1.「マレー・ロスのコミュニティオーガニゼーション理論がもつ現代的意味−『住民参加』を促すソーシャルワークの方法−」鵜浦直子・岩間伸之,『大阪市社会福祉研究』第28号,大阪市社会福祉研修・情報センター(大阪市社会福祉協議会),pp.119-126,2005.
2.「ソーシャルワークの特質からみた代弁のあり方に関する研究−判断能力が不十分な人を代弁するための分析枠組みの検討−」鵜浦直子・岩間伸之・山縣文治,『生活科学研究誌』vol.4,大阪市立大学大学院生活科学研究科,pp.237-245,2006.
3.「ソーシャルワークの機能強化に向けた後見人等との連携・協働に関する研究−成年後見制度を活用したソーシャルワーク実践の分析から−」鵜浦直子,『社会福祉学』vol.51-4,日本社会福祉学会,pp.31-42,2011.
4.「認知症高齢者の消費者被害に対する成年後見制度の活用−日常生活支援から被害回復支援までの一体的支援の推進に向けて」鵜浦直子,『認知症ケア学会誌』第10巻第1号、日本認知症ケア学会,pp.20-27,2011.
5.「認知症ケアにおける成年後見人等とのチームアプローチに関する研究−権利擁護の推進に向けた連携・協働のあり方に焦点を当てて−」鵜浦直子,『認知症ケア学会誌』第11巻第4号、日本認知症ケア学会,pp.796-804,2013.
6.「ソーシャルワーク実践における予防的アプローチとしての成年後見制度の活用」鵜浦直子,『ソーシャルワーク研究』Vol.39No.2,pp.30-36,2013.
7.「介護サービスにおける認知症高齢者の権利擁護をめぐるジレンマ−ソーシャルワーク実践との接点からの考察―」鵜浦直子,『老年精神医学雑誌』24(6),pp.545-552,2013.
8.「成年後見制度と判断能力が不十分な人への意思決定支援のあり方−日本の成年後見制度の現状と課題から考える−」鵜浦直子,『国際社会福祉情報』39,pp.11-20,2015.


(研究ノート)
1.「本人が環境に働きかける『主体的適応力』に関する研究−ソーシャルワーク実践の本質への視座」鵜浦直子・廣瀬雅典・鈴木貴子・山下裕史・岩間伸之,『生活科学研究誌』vol.5,大阪市立大学大学院生活科学研究科,pp.263-275,2007.
2.「ソーシャルワーク実践における成年後見制度の活用の可能性−ソーシャルワークの機能強化に向けた活用のあり方に焦点を当てて−」鵜浦直子『ソーシャルワーク研究』Vol.35,No.2,相川書房,pp.57-63,2009.
■学会活動/Membership in Academic Societies
 日本社会福祉学会会員
 日本ソーシャルワーク学会会員
 日本認知症ケア学会会員
 日本地域福祉学会会員
 生活経済学会会員
 日本成年後見法学会会員

■社会貢献/Social contributions
 特定非営利活動法人西成後見の会会員(理事)
■受賞/Awards




back number