トップページ教員紹介>三船 直子

教員紹介

三船 直子
三船 直子(教授)
Naoko Mifune

学位/Degree :
  博士(学術)
最終学歴/Final academic background :
  大阪市立大学生活科学研究科後期博士課程
専門分野/Field of specialization :
  臨床心理学
資格/Qualification :
  臨床心理士
ホームページ/Home page :
 

  [ 先生へメッセージを送信(contact) ]

お知らせ
(現在、お知らせはありません)

Message

Information
■研究テーマ/Research theme
■担当科目/Subjects in charge
大学院:臨床心理学特論U,臨床心理面接特論U,臨床心理基礎実習T,U 
学部: コミュニティー心理学,人間関係の心理学,卒論ゼミ
■最近の主な著書/Recent Books
 C市でのスクールカウンセリング活動について報告」三船直子, 倉光修編「臨床心理士のスク  ールウンセリング」, pp.125-131、誠心書房、1998
 「女子中学生との学校カウンセリング過程−呼び声に応えて−」三船直子,「思春期青年期ケース 研究7 学校カウンセリング」、井上洋一・清水将之編 岩崎学術出版社  2000
 「スクールカウンセリング」三船直子,「臨床心理学3」氏原寛・成田善弘編,pp.162-170,2000
「人間はみな兄弟か」三船直子, 氏原寛・松島恭子・千原雅代編「はじめての心理学」pp.113- 133,創元社、2000
 「アセスメント実践事例、3.06.1、人格障害(WAIS、投影法、心理療法)」「ベンダーゲシュタ ルトテスト」三船直子, 氏原寛・ 松島恭子他編、「心理査定実践ハンドブック」、創元社,  2006
 「問題行動」三船直子, 滝口俊子・倉光修編、「スクールカウンセリング」pp39-44、日本放送  出版協会、2006
 「引きこもりの子育て支援」三船直子, 岩堂美智子監修・松島恭子編、「子育て支援の心理臨  床」、創元社、印刷中
■最近の主な論文/Recent publications
1. IMQの基礎的研究、三船直子・氏原寛、大阪市立大学生活科学部紀要38巻、pp.473-482、1990
2. 風景成法に関する研究、弘田洋二・三船直子・岩堂美智子・琴浦志津、大阪市立大学生科学部  紀要38巻、pp.181-189、1990
3. 青年期の自己愛人格について−実証研究を中心にして−、三船直子・氏原寛、大阪市立大学生  活科学部紀要39巻、pp.199-213、1991
4. 考えることから感じることへ、三船直子、大阪市立大学生活科学部児童家族相談所紀要8巻、   pp.53-63、1992
5. 青年期危機の症例についての考察−コフート理論からみた症例における自己愛、三船直子、大  阪市立大学生活科学部児童家族相談所紀要9巻、pp.103-113、1992
6. バウムテスト2回施行法 試論T、三船直子・倉戸ヨシヤ、大阪市立大学生活科学部紀要40巻、  pp.313-327、1992
7. 母親面接における「入れ子」構造の構築T、三船直子、大阪市立大学生活科学部児童家族相談  室紀要10巻、pp.75-89、1993
8. 母親面接における「入れ子」構造の構築U、三船直子・倉戸ヨシヤ、大阪市立大学生活科学部  紀要41巻、pp.93-103、1993
9. ボーダーラインクライエントとの面接初期の関係形成についての考察、三船直子、大阪市立大  学生活科学部児童家族相談所紀要11巻、pp.118-195、1994
10.緊張を訴えて来談した34 歳女性との面接過程 −境界例水準のクライエントとの面接について  の考察−、三船直子、大阪市立大学生活科学部児童家族相談所紀要12巻、pp.93-107、1995
11.入院拒否感を通してみた摂食障害の病理と治療、黒川順夫,琴浦志津,鎌田穣,田中明子,松島恭  子,三船直子、心身医学、36巻、pp.123-128、1996
12.平成7.8年文部省調査研究委託 スクールカウンセラー活用調査報告書 堺市立深井中学校、三  船直子、1999
13.強迫神経症のクライエントとの心理療法過程、三船直子、大阪市立大学生活科学部児童家族相  談所紀要17巻、pp.103-112、2000
14.精神病水準の不安を抱えるクライエントとの7年間の心理療法過程、三船直子、心理臨床学研   究、20巻4号、pp.360-371 、2002
15.癒されぬ傷を生きる7年のプロセス-クライエント・セラピストの「傷」についての考察、
  三船直子、心理臨床学研究、21巻4号、pp.386-397, 2003
16.Consideration of Roles of “Nature” in Psychotherapy −Focusing of the period of “   Holding”,Naoko Mifune,Yamaguchi Prefectural University Bulletin of Graduate     Schools,No.4,pp.33-44 1,2003
17.心理療法にみる動物のこころ−心理療法過程に現われた動物をとおしたサトルボディ体験−,   三船直子、山口県立大学社会福祉学部紀要, 9号, pp.2003
18.青年期再考−開業心理療法から見える青年期−,三船直子, 青年期精神療法, 4巻1号,   pp.38-40,2003
19.「自己愛」についての臨床心理学的研究 −「自己愛スペクトル」と心理治療技法の開発−、三  船直子,博士論文、2004
20.社会福祉学部学生相談室総括−青年期心性再考−、三船直子、山口県立大学社会福祉学部紀   要,11号,pp.81-91, 2005
21.Study of Factor Analysis and Examination of Narcissistic Personality Inventory (NPI-  N) of Adult,Naoko Mifune,Yamaguchi Prefectural University Bulletin of Graduate   Schools,No.6,pp.101-115,2005
22 自己愛についての臨床心理学的研究、三船直子、京都ノートルダム女子大学心理臨床センター  紀要、No.3,pp.1‐19,2006
23 母親面接における「入れ子構造」についての考察V ‐同一治療者による母親面接と成人の子ど  もの並行面接の分析‐,大阪市立大学児童・家族相談所紀要,2007
■学会活動/Membership in Academic Societies
日本心理臨床学会
精神分析学会
思春期青年期精神医学会
質的心理学会
ヒトと動物の関係学会
■社会貢献/Social contributions
■受賞/Awards




back number