トップページ教員紹介>羽生 大記

教員紹介

羽生 大記
羽生 大記(教授)
Daiki Habu

学位/Degree :
  医学博士
最終学歴/Final academic background :
  大阪市立大学大学院医学研究科
専門分野/Field of specialization :
  肝臓病学
資格/Qualification :
  日本内科学会認定総合内科専門医、日本超音波医学会認定専門医
ホームページ/Home page :
  https://eiyoikagaku2014.wixsite.com/mn-ocu

 

お知らせ
現在お知らせはありません。

Message
臨床栄養学をテーマに前期博士課程(修士課程)を運営しています。臨床現場で、自ら栄養学的課題を抽出し、解決策を見出し、学会に報告し、論文化することのできる、臨床研究面でも自立した管理栄養士の養成を目指しています。現在、病院や老健施設などで働いておられる現役の管理栄養士の方が、キャリア形成のために修士課程にチャレンジされるのも、積極的に支援しています。ご興味のあるはご連絡ください。

Information
■研究テーマ/Research theme
慢性肝障害患者の栄養学的評価と治療
高齢者の栄養学的評価と治療
■担当科目/Subjects in charge
栄養医科学
■最近の主な著書/Recent Books
1) 第1章 第12節 腹部エコー読影の基本.羽生大記.朝井均、坂口正剛編 ”腹部エコーのQ and A第5版” p.22-26 日本医事新報社 2000

2) Effect of oral supplementation with branched-chain amino acids on albumin concentration in the early stage of cirrhosis.S. Nishiguchi, D. Habu, S. Shiomi. K Okita 編 ”NASH and Nutritional Therapy” p.67-75 Springer-Verlag Tokyo社 2004

3) 第3章 栄養障害のアセスメントと栄養管理;肝炎.羽生大記、西口修平、藤原政嘉.”看護に生かす臨床栄養管理” p.69-73 メジカルフレンド社 2005

4) 第1章 第8節 肝硬変、肝癌併発例の栄養治療.羽生大記、坂口浩樹、久保正二、藤原政嘉、西口修平.”肝疾患クリニカルパス実例集” p.138-147 メジカルレビュー社 2005

5) 第2章 第32節 血液検査.羽生大記.鈴木一幸、森脇久隆、久保木真編 ”今日の肝栄養療法”p.137-142  南江堂 2005

6) Vaitamin K2 を用いたウイルス性肝硬変からの肝癌発癌予防に関する検討. 羽生大記. がん治療のあゆみ 第25巻 p59-65 がん集学的治療財団 2006
■最近の主な論文/Recent publications
1) Meshwork pattern is an important risk factor for development of hepatocellular carcinoma in patients with HBV-related chronic hepatitis and cirrhosis. Habu D, Nishiguchi S, Kawamua E, Lee C, Enomoto M, Nakatani S, Tamori A, Sakaguchi H, Takeda T, Seki S, Ogami M, Fukushima W, Tanaka T, Asai H, Shiomi S. Hepatol Res 25 p166-173 2003
2) Effect of oral supplementation with branched-chain amino acid granules on serum albumin level in the early stage of cirrhosis: a randomized pilot trial. Habu D, Nishiguchi S, Nakatani S, Kawamua E, Lee C, Enomoto M, Tamori A, Takeda T, Tanaka T, Shiomi S. Hepatol Res 25 p312-318 2003   
3) Role of Vitamin K2 in the Development of Hepatocellular Carcinoma in Women With Viral Cirrhosis of the Liver. D. Habu, S. Shiomi,A Tamori, T Takeda, T Tanaka, S. Nishiguchi. JAMA 292 p.358-361 2004   
4) Vitamin K deficiency and hepatocellular carcinoma. D. Habu, S. Shiomi, Nishiguchi. JAMA 292 P.2580-2581 2004   
5) Ultrasonographic diagnosis of digree of chronic type C liver disease. D. Habu, S. Nishiguchi, S. Shiomi, A. Tamori, H. Sakaguchi, T Takeda, S. Seki, C. Ishibashi, H. Asai. Hepato-Gastroenterol 52 p.1820-1824 2005   
6) Comparison of the Effect of oral supplementation with branched-chain amino acid on serum albumin level between decompensated cirrhosis and compensated cirrhosis. D. Habu, S. Nishiguchi, S. Nakatani, C. Lee, M Enomoto, A. Tamori, T Takeda, S. Ohfuji, W. Fukushima, T. Tanaka, E. Kawamura,S. Shiomi. Hepato-Gastoroenterol in-press  
■学会活動/Membership in Academic Societies
日本消化器病学会評議員
日本肝臓学会西部会評議員
日本肝臓学会評議員
日本病態栄養学会評議員
日本消化器がん検診学会評議員
日本静脈経腸栄養学会代議員
日本臨床栄養学会評議員
■社会貢献/Social contributions
■受賞/Awards
1. 平成4年2月 平成3年度大阪市医学会市長賞「B型肝炎ウイルスキャリアの病態と家族集積性との関連について」
2. 平成15年5月 第5回AJINOMOTO Award 優秀研究賞「BTRを指標にした肝硬変に対するBCAA顆粒製剤早期投与の試み」
3. 平成16年12月 第25回がん集学的治療研究財団一般研究助成研究「VitaminK2を用いたウイルス性肝硬変からの肝癌発癌予防に関する検討」
4. 平成18年2月 平成17年度大阪市医学会市長賞 ”Role of Vitamin K2 in the Development of Hepatocellular Carcinoma in Women With Viral Cirrhosis of the Liver.”




back number